basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

利休にたずねよ - 山本兼一

利休にたずねよ

利休にたずねよ


★★★★☆
天下を統一し、全てが秀吉の思うがままとなったと思いきや従わないものが一人。美に対しては秀吉であろうと自分の意見を曲げない千利休
それが気に入らない秀吉は、彼を困らせたいがために難癖を付けて切腹に追いやる。
切腹を迫られても曲げない美に対する思い。何がそうさせるのか。そこには千利休が若い頃に出会った女が関係するらしい。
切腹の直前から過去に遡っていく珍しいスタイルで各人物視点の話が進められる。
タイトルと表紙を見た時は「こむずかしい哲学書」としか思えず手に取る気も起こらなかったのだけど、実際には「のぼうの城みたいな話」と言った方が感じが伝わりやすいのではないかと思う。
面白かった。