読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

Array#splice

javascript

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

array.splice(start , deleteCount , item...)

splice メソッドは、配列から要素を取り除き、新しい要素で置き換える機能を提供する。パラメータ start は配列の中の位置を数値で指定する。deleteCount は start で指定した位置からいくつの要素を削除するかを指定する。もし 3 番目以降のパラメータが指定されていた場合、それらの要素がその場所に挿入される。このメソッドは削除された要素で構成された配列を返す。

知らなかったメソッド

// 配列を定義
var list = [0,1,2,3,4];

// 1 番目の要素から 2 つを削除
// 削除した要素が配列で返る
list.splice(1,2)
//=> 1,2 

// 配列を確認すると要素が削除されている
list
//=> 0,3,4 

// 1 番目の要素から 1 つ削除し、要素を追加
// 削除した要素が配列で返る
list.splice(1,1,"a","b","c")
//=> 3

// 配列を確認
list
//=> 0,a,b,c,4