読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

book

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者

僕のようなハートの弱いものは、ジェフ・ペゾスの下では確実に働けないな・・・。その前に雇ってもらえるかが相当怪しいけど。

最近は kindle で本を買ってばかりいて便利すぎてやばい。気になったものをサッと買えるので、知識の吸収には役に立つし自分の図書館といった感じだ。買うというよりは、手元に置くといった感覚に近い。連鎖で関連書籍を買う流れがやばい。kindle を買ってから amzon の滞在時間がかなり増えてる。気になるものがあってから探す感じだったのが、なにか気になるものがないかを探すという流れになってる。物理的な本よりも所有欲、コレクション欲を刺激しやすいと感じる。今では、常に読書中のものが kindle に 1 冊ある状態を維持する状態になってる。移動中に kindle を持っていない場合は iPhone で読むし、持ってる場合や家ではゴロゴロしながら kindle で読む。

kindle 端末で改善して欲しいところは、ハイライト操作の精度が悪いのと、ページめくり、検索といった操作の手間がかかるところか。特にハイライトした一覧を出すために 3 タッチは多すぎる。最低でも 2、できれば 1 タッチで出してほしい。さらに、パソコンでも見れてデータベース的に探せることを望む。iOS 版 kindle のハイライトはすごくいいんだけど、これはさすがに端末の差が有り過ぎるか。

彼は、因習的な考え方に囚われることがありません。なんと、物理法則以外に縛られるものがないのです。物理法則はさすがの彼にも変えられませんが、それ以外は全て応談だと考えているのです。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

つええ。

どのようなプロセスにも改良の余地がある。慣れた人には見えない欠点が新しい人にははっきり見えることもある。ソリューションはシンプルなほどよい。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

完全にユーザの立場で amazon べんりーで利用していたのだけど、amazon は立ち上げから 20 年も経っていたのが一番驚きかもしれない。注文履歴を見ると 2008 年 4 月 17 日 に注文したビューティフルコードが初注文っぽい(ほんとかなぁ、 それより前が出てないだけかなぁ・・・)。6 年近く前。その時の感想↓

amazon 最悪だな。自分が注文したものを探すのに時間がかかる。ログアウトの仕方が分かりにく過ぎる。2週間前に予約した本が「在庫切れでいつになるか分からない」と今頃になってメールしてきた。おかげでGWに読むはずだった「ビューティフルコード」が間に合いそうにない。

と書いているのであまり印象が良くなかったようだ。配送料、梱包のダンボールがでかい、税金が日本には支払われない、日本企業頑張れとで楽天でなるべく買うようにしていたと思う。今となっては、楽天・・・ポイントたまってるけどメインの電子書籍がアレなので最近はさっぱり利用していない状態だ。

2008 年は新法ができて、会社のない地域の売上に関しても税金を払わないといけなくなったころのようだ。そんなことも知らず利用し続けて今に至るのだけど、色々なことを乗り越えて成長してきた様はすごいとしか言いようがない。どのあたりを真似られるかとなると・・・うーん。

弾み車

価格を引き下げると来客数が増える。来客数が増えると売上が膨らむとともに手数料を払ってくれるサードパーティーの売り手が集まる。そうなれば、ウェブサイトの運営に必要なサーバーやフルフィルメントセンター(物流センター)などの固定費を有効活用できる。効率が上がれば、価格をさらに引き下げられる。どの部分でもいいからこの弾み車を押すことができれば、両循環のスピードを上げられるわけだ。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

僕も回したい、弾み車。

ぶれずに進めば長期にわたって大きなことが成し遂げられるというのが、彼の基本的な哲学なのです

ジェフ・ベゾス 果てなき野望

将棋の羽生さんも同じことを言ってた。基本的に小心者の自分はブレブレで流されやすいのだけど、どっしり腰を据えて雑音に心揺さぶられることなく推し進めていくことだろうか。