basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

本能寺の変 431 年目の真実

本能寺の変 431年目の真実

本能寺の変 431年目の真実


光秀の子孫に書かれたもの (最後の作者プロフィールを読むまで気が付かなかった)

三国志であれば権力を持ったものが過去の歴史を消したり改版したりするのは当たり前だ的に思っていた。が、この日本の話しであれば本当だろうと盲目的に自分が思っていたなぁと改めて考えさせられた。

発句 時は今あめが下なる五月かな 光秀
脇句 水上まさる庭の夏山 行祐
第三 花落つる池の流れをせきとめて 紹巴

じゃあ、この本もどこまでが本当なのかということになるけど十分な検証をした(はず)ということを踏まえると真実味がある (影響されやすい)