読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

Redmine - 未完了バージョンの内容をメールする

Redmine実践ガイド 理論と実践、事例で学ぶ新しいプロジェクトマネジメント

Redmine実践ガイド 理論と実践、事例で学ぶ新しいプロジェクトマネジメント

Redmine のバージョンが放置プレイ。リリースされてるのかされてないのか分からないチケット群。

通常はリリース時に状況確認するのだけど、最近はリリース作業から離れていたので Redmine との関わりが薄くなっていた。お任せ状態にしてメンテは特にせず。気がついたら荒れ放題。うるさい Redmine おじさんは必要で、こまめにフォローとメンテをしないとダメだなと再認識。

自分が居なくなったらどうなるんだろこれ・・・みんな便利さは感じているようなのだけど・・・まあいいや。

実際にはちょっと違うけど (固有の処理が入っているので)、以下のようなスクリプトを jenkins で定期的に実行することにした。

# スクリプトと同じディレクトリに config.yaml を置いておくこと
#
# 例)
# url: http://xxx.xxx.xxx.xxx/redmine
# api_key: abcedfgabcedfgabcedfgabcedfgabcedfgabcedfg
# smtp: smtp.dummy.org
# from: dummy@dummy.org
# to:  sample@dummy.org
# subject: "Redmine から出荷状況のお知らせ"
# message: "直近 2 週間と過去の完了していないバージョンをお知らせします。"
#
require 'open-uri'
require 'json'
require 'uri'
require 'date'
require 'net/http'
require 'net/smtp'
require 'yaml'


def issue_id(issue)
  issue['id'].to_s.ljust(5)
end

def status_name(issue)
  issue['status']['name'].ljust(6)
end

def author_name(issue)
  issue['assigned_to']['name'].ljust(11)
end

config_path = File.join(File.expand_path(File.dirname(__FILE__)), 'config.yaml')
config = YAML.load(open(config_path, &:read))

src_url = config['url']
api_key = config['api_key']

url   = URI.parse(src_url + '/projects/1/versions.json?key=' + api_key)
json  = JSON.parse(open(url, proxy: false).read)
limit = (Time.now + 60 * 60 * 24 * 14).strftime("%Y-%m-%d")

buf = []

for version in json['versions'].select{|v| v['due_date'] != nil}.sort_by {|v| v['due_date'] }
  next if version['status'] == 'closed'
  next if version['due_date'] == nil
  next if version['due_date'] > limit
  buf << ''
  buf << sprintf("■ %s - %s〆 : %s", version['name'], version['due_date'], version['description'])
  buf << ''

  url_format = "%s/issues.json?fixed_version_id=%s&status_id=*&key="
  url  = URI.parse(sprintf(url_format, src_url, version['id'], api_key))
  json = JSON.parse(open(url, proxy: false).read)
  # 終了(5)が下に行くようにソート
  issues = json['issues'].sort do |a, b|
    if a['status']['id'] == 5
      1
    elsif b['status']['id'] == 5
      -1
    else
      a['status']['id'] <=> b['status']['id']
     end
  end

  closed = false
  for issue in issues
    if issue['status']['id'] == 5 && !closed
      buf << "  ---"
      closed = true
    end
    buf << sprintf("   #%s %s %s %s", issue_id(issue), status_name(issue), author_name(issue), issue['subject'] )
  end
end


Net::SMTP.start(config['smtp'], 25) {|smtp|
  smtp.send_message(<<-EndOfMail, config['from'], config['to'])
From: #{config['from']}
To: #{config['to']}
Subject: #{config['subject']}

#{config['message']}  

  #{buf.join("\n")}
  EndOfMail
}

メールが飛んで来ると Redmine おじさん作業を始め、メンテしろよコメントを入れていく。2 週間程度でようやくスッキリ。満足した。