読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

Markdown なエディタ Bear に入門

Markdown とエディタの融合。なんとなくインストールしてみたのだけど、良い。かなり。最近の Evernote は黒字化して盛り返してきてるので期待しているのだけど、既存のユーザや機能に縛られて大きなステップアップは厳しそうに思う。

Evernote との比較

まず、なによりも見た目が良くて書いてて気持ちいい。白いノートに集中して書き込んでいられる。Evernote の様に妙なヘッダがあるとかが無い。Evernote のエディタに欲しかったところが揃ってる。後発なだけあって色々な不満点を解消してきているのだろう。

  • 行間の設定だけでなく行幅も変えられる。
  • Evernote だと画面上部のヘッダが邪魔だけど Bear はスッキリ。
  • コードブロックが使えてシンタックスハイライトが効く (対応言語はまだ少なめ)。
  • Ctrl+1 Ctrl+2 Ctrl+3 でサイドバー、メモリストの表示非表示を切り替えられるのが地味に便利
  • Markdown なので明確に段落わけができる。Evernote だと文字のサイズを変えるとか色を変えるとかちょっとした工夫 (自分ルール) が必要
  • テーブルが使えないのが不便かと言われると・・・Evernote でもほぼ使ってなかったので問題無さそうに思うが・・・どうだろう。
  • 画像のサイズが変えられないのは地味に困るかも
  • リストはもう一段右にインデントしてるのがデフォルトだといいなぁ (前に tab を入れればできるけど)
  • Evernote では inbox 方式で作業中のブックと終わったブックに分けて使っているのだけど、Bear にはブックがなくてタグだけのようなのでこれをどうするかが課題だろうか。

行間が変えられるのが一番うれしいかも。デフォルトでいい感じに設定されているけど、Evernote は妙に詰まった感じ息苦しい。

仕事では Evernote の windows クライアントを使っているので Bear の windows 版も出て欲しい。iCloud 使ってるから無理か。Evernote は適当なメールアドレスを入れてオフラインノートブックで便利に使っているのだけどエディタが貧弱なのと、無駄に領域を取っているヘッダが邪魔なのがちょっと辛い。あとは特にマウスホイールでスクロールした際のスクロール量が大きすぎて内容を把握しづらいのとか。

気になるところ

iCloud による簡単、安全、セキュアなマルチデバイス間同期

iCloud を使って同期しているようなので Windows 版は無理か。自分の iCloud 領域を使って保存するのだとすると・・・ちょっとつらいなぁ。そんなに領域持ってないし。

メモの間のリンクをタイトル名を使って実現できるのだけど、タイトル名を変えてしまうとリンクが切れてしまう。ユニークな識別子はあるのだけど、これを使ったリンクが貼れると良いなぁ。

まとめ

Mac で Evernote の環境設定画面画面を開こうとするとクラッシュしてどうにもならないので、当分、Bear を使ってみるかなぁ (iOS 版もそうだったけどたぶん再インストールしたら直るんじゃないかなぁ)。

このエントリは クリップボードにコピー 機能を使ってコピペで作成できた。先頭のリンクを張り直したぐらい。便利。