読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

Redmine を仕事で使ってみようかと

Ruby on Rails 製のプロジェクト管理ソフトウェア Redmine を使ってみようと思い立つ。最近はメンテフェーズになって誰もいなくなってしまったため、一人で調整・仕様確定・開発・テスト・リリース・バグ修正とやっているのもあり「自作スケジュール管理 + wiki」と「がんすけ2」でやりくりしてたけど、あまり独自路線行くのもなぁと思っていたところ。
もちろん MSProject であるとか、会社が作ってるプロジェクト管理ツールとかいろいろ使ってみたけどあわなかった。開発する側じゃなくて管理して統計情報を出すことに焦点が行っちゃってるから使いにくくてしょうがない。そもそも管理ツールなのにスケジュールを把握するのに時間がかかる(致命的)ものが多い・・・。
がんすけ2は便利なんだけど、それは一人で管理できるからであって複数人に戻ったときに全員が最新状態を確認出来ないのはやばいだろということで Redmine と trac lighting を使ってみた結果 Redmine にした。trac lighting は apache と subversin の環境を変えちゃうからやめたってのもあるけど、Redmine が Ruby 製だからという方が大きいかな (^^; linux 版があればうれしいんだけどなぁ、vmware 使うから(trac 入れろよなんだけど)
さっそく Cygwin 環境に構築してみたけど、はまったのは次の通り。

sqlite3-ruby のインストール

mac ports で sqlite3 入れた時は気にしなかったんだけど(勝手に入れてくれてたんだろう) devel パッケージを入れないとエラーがでる。

$ gem install sqlite3-ruby
Bulk updating Gem source index for: http://gems.rubyforge.org/
Building native extensions.  This could take a while...
ERROR:  Error installing sqlite3-ruby:
        ERROR: Failed to build gem native extension.

/usr/bin/ruby.exe extconf.rb install sqlite3-ruby
checking for fdatasync() in -lrt... no
checking for sqlite3.h... no

make
make: *** No rule to make target `ruby.h', needed by `sqlite3_api_wrap.o'.  Stop.

Libs/libsqlite3-devel を入れれば OK。

rubygems がバージョンアップしない

ruby update --system

としても Nothing to update と言われて 1.1.1 からバージョンアップしない・・・。仕方がないので rubygems のぺーじから 1.3.1 をダウンロードしてきてインストールした。

Rails 2.2.2

つい2,3日前に trunk からソースを落としてきた時には 2.1.2 だったのに。

gem install -v 2.2.2 rails

と思ったら trunk で動かない

3/7 に 0.8.2 が出たようだが、問題ありなんだろうか。0.8.1 をチェックアウトした。これは Rails 2.1.2 で動作。

gem install -v 2.1.2 rails


はまりと言っても微妙なはまりなんだけど、sqlite3 さえ入れれば後は gem と rake のコマンドを打つだけの楽ちんインストール。
一番のお気に入りはガントチャート表示。グラフイメージで状況を確認するのに便利(trac lighting にもある)。

明日からが楽しみだ。