basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

ChatGpt : Enter で送信したくない - 20240523

また変わった。fruitjuice とは。

- let ele = document.querySelector("button[data-testid='send-button']")
+ let ele = document.querySelector("button[data-testid='fruitjuice-send-button']")

全体

// ==UserScript==
// @name         ChatGPT
// @namespace    http://tampermonkey.net/
// @version      0.1
// @description  try to take over the world!
// @author       You
// @match        https://chat.openai.com/*
// @match        https://chatgpt.com/*
// @icon         https://www.google.com/s2/favicons?sz=64&domain=chatgpt.com
// @grant        none
// ==/UserScript==

(function() {
    'use strict';

    document.body.addEventListener('keydown', function(e) {

        // Enter キー以外は何もしない
        // Mac の vivaldi でのアドレスバー等での予測変換の考慮を karabiner-elements を設定しているため。
        if (e.key != 'Enter' && e.key != ']') {
            return;
        }

        // 送信 (ctrl + enter) じゃない、または変換中はイベント中断
        if (!e.ctrlKey || e.isComposing) {
            e.stopPropagation();
            return;
        }

        // イベント発生元がテキストボックスじゃない場合
        if (e.srcElement.id != "prompt-textarea") {
            return;
        }

        // 送信ボタンをクリック
        let ele = document.querySelector("button[data-testid='fruitjuice-send-button']")
        ele.click();

    }, { capture: true });
})();

ChatGpt : Enter で送信したくない - 2024/05/15

※ レイアウトがころころ変わりそうなのでシリーズ化しそう。

ChatGPT-4o がリリースされてレイアウトが変わった。今回は送信ボタンであることが明示的に判断できるような属性がないけど、それっぽいのを使って特定するように変更。

-  let ele = document.querySelector("button[data-testid='send-button']")
+  let ele = document.querySelector("button.mb-1")

全体

// ==UserScript==
// @name         ChatGPT
// @namespace    http://tampermonkey.net/
// @version      0.1
// @description  try to take over the world!
// @author       You
// @match        https://chat.openai.com/*
// @match        https://chatgpt.com/*
// @icon         https://www.google.com/s2/favicons?sz=64&domain=chatgpt.com
// @grant        none
// ==/UserScript==

(function() {
    'use strict';

    document.body.addEventListener('keydown', function(e) {

        // Enter キー以外は何もしない
        // Mac の vivaldi でのアドレスバー等での予測変換の考慮を karabiner-elements を設定しているため。
        if (e.key != 'Enter' && e.key != ']') {
            return;
        }

        // 送信 (ctrl + enter) じゃない、または変換中はイベント中断
        if (!e.ctrlKey || e.isComposing) {
            e.stopPropagation();
            return;
        }

        // イベント発生元がテキストボックスじゃない場合
        if (e.srcElement.id != "prompt-textarea") {
            return;
        }

        // 送信ボタンをクリック
        let ele = document.querySelector("button.mb-1")
        ele.click();

    }, { capture: true });
})();

ChatGpt : Enter で送信したくない

Ctrl + Enter で送信したいんだー。

要件

  • Enter で改行する。
  • Ctrl + Enter で送信する。
  • Ctrl + Enter は Google IME の予測変換確定にしているので送信しない。
  • Mac の vivaldi はアドレスバーで予測変換確定 (Ctrl + Enter) するとナビゲーション(検索等)してしまうため、karabiner-elements を使って vivaldi だけ Ctrl + EnterCtrl + ] に置き換えている。

ChatGPT Ctrl+Enter Sender を使ったりもしたけど添付ができるようになったあたりから送信が微妙 (添付アイコンにフォーカスがあたる) になったりしたので自作して今に至る。

上記を満たすロジックを自分でコントロールできるように Tampermonkey で埋め込むことにした。

// ==UserScript==
// @name         ChatGPT
// @namespace    http://tampermonkey.net/
// @version      0.1
// @description  try to take over the world!
// @author       You
// @match        https://chat.openai.com/*
// @match        https://chatgpt.com/*
// @icon         https://www.google.com/s2/favicons?sz=64&domain=chatgpt.com
// @grant        none
// ==/UserScript==

(function() {
    'use strict';

    document.body.addEventListener('keydown', function(e) {
      
        // Enter キー以外は何もしない
        // Mac の vivaldi でのアドレスバー等での予測変換の考慮を karabiner-elements を設定しているため。
        if (e.key != 'Enter' && e.key != ']') {
            return;
        }

        // 送信 (ctrl + enter) じゃない、または変換中はイベント中断
        if (!e.ctrlKey || e.isComposing) {
            e.stopPropagation();
            return;
        }

        // イベント発生元がテキストボックスじゃない場合
        if (e.srcElement.id != "prompt-textarea") {
            return;
        }

        // 送信ボタンをクリック
        let ele = document.querySelector("button[data-testid='send-button']")
        ele.click();

    }, { capture: true });
})();

Vivaldi - http サイトでのダウンロード

http なサイトでのダウンロードができなくなっていたのが改善された。https なサイトと違って保存確認画面が出る。今まではだんまりで右クリック保存できる場合はいいけど社内サイトがだんまりで困っていた。ダウンロードしたい場合は Edge を起動して・・・とやっていたので Edge を使いたくない教徒としてはつらい日々を送っていたのであった。