読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

basyura's blog

あしたになったらほんきだす。

jenkins plugin 入門

jenkins

msbuild-plugin に機能追加したくて。久しぶりに java 書いたわー、vim で。といっても、数行だけど。

java

maven

msbuild-plugin

デバッグ

mvn hpi:run

plugin がインストールされた状態で jenkins が立ち上がる

インストール package の生成

mvn install

target フォルダに .hpi ファイルができるので、jenkins の plugin 管理画面の高度な設定から .hpi をアップロードする。
ファイルの削除に失敗とかでるけど jenkins を再起動すれば ok

まとめ

新しく構築した windows 8.1 環境で msbuild でビルドすると fakes 周りのエラーがでてしまう。ビルドが通ったり通らなかったり。ググってみると同様に困っている人がいるようだ。関連する dll の参照をつけろとかあったけど・・・多すぎてちょっと辛い。全部参照つけてしまったほうが速いぐらいだがそれでもきちんと通るのか怪しいレベル。なので、

  • sln から ruby script でテストプロジェクトを抜いたあとにビルド
  • テストプロジェクトを個別にビルド
  • ビルドで失敗した場合 (msbuild の戻り > 0) の場合に 3 回までリトライ (msbuild-plugin の改造)

としてみた。割といい感じではある。msbuild の戻り値が 0 or 1 かと思ったらそうでもないようなのだが、この一覧はどこを見ればのっているのか。ちなみに、直前の実行コマンドの戻り値が %ERRORLEVEL% で取れることを今日初めて知った・・・。だから msbuild xxx.sln && exit %ERRORLEVEL% っていうふうに実行コマンドに含まれてるのか。